Logo

東広島市イベント情報集約サイト
東広島きんサイト

東広島市イベント情報 > 幾何公差設計法(GD&T) ー国際的に通用する設計図面とするためにー【オンライン受講可能】

新型コロナウイルスの感染拡大に伴いイベントが中止等になる場合があります。
ご参加される際は事前に参照ページをご確認ください。

幾何公差設計法(GD&T) ー国際的に通用する設計図面とするためにー【オンライン受講可能】

幾何公差設計法(GD&T) ー国際的に通用する設計図面とするためにー【オンライン受講可能】

"日数 3日コース
開催日時 2021年1月13日 ~ 2021年1月15日 (9:30~16:30)
会場 広島テクノプラザ
(東広島市鏡山三丁目13番26号)
会場アクセスURL https://www.h-techno.co.jp/access/
対象 図面によって仕事をしている設計開発・生産技術・製造・検査・品証・購買技術部門などの技術者・管理者
持参物 筆記用具,電卓
定員 20人
申込締切日 2020年12月15日
受講料 35,200円(テキスト代,消費税含む)
講師
喜多 秀紀

喜多設計研究所
自動車メーカーで設計・開発管理・技術者教育を歴任。
機械・電機・化学など多種・多数の製造企業から委託を受け、技術研修講師・実務課題の
コンサルティングなどの豊富な経験を積んでいます。
広島テクノプラザの研修では、全国からの受講の申込みがあります。

ねらい
 幾何公差はGD&Tと略称され、企業活動のグローバル化に伴い、幾何公差を使っていない設計図面は、欧米の技術者からは図面でないとまで言われています。幾何公差を使った設計図面にすることにより、設計・製造の期間短縮と工数削減が実現できます。次のような企業には必須です。①自動車関連 ②欧米企業と取引がある ③海外に生産拠点を持つ ④生産技能(職人技能)を技術化したい ⑤2次元図面を廃止したい

プログラム  
 1日目(9:30-16:30)
(1)幾何公差の必要性
(2)幾何公差の基本概念
(3)幾何公差の用語と記号
(4)製図の基本原則
(5)検証用ゲージ
(6)データムシステム
(7)基本寸法表示
(8)真直度・平面度
(9)真円度・円筒度・平行度

2日目(9:30-16:30) 

(10)直角度・傾斜度・接平面 (11)位置度(基本)
(12)位置度(バウンダリー)
(13)位置度(浮動式ファスナー)
(14)位置度(固定式ファスナー)
(15)位置度(突出公差)
(16)位置度(同軸度・対称度)
(17)位置度(複合公差)
(18)円周振れ・全振れ

3日目(9:30~16:30)

(19)輪郭度
(20)輪郭度(バウンダリー)
(21)輪郭度(複合公差)
(22)同軸度の総まとめ
(23)組合せ部品の公差解析
(24)マルMとRFSの見極め
(25)幾何公差の適用事例
(26)幾何公差の高度な事例 (27)ISO・JISとASMEの違い

1日目から3日目まで1~1.5時間毎に演習があります。

オンライン受講について
オンライン受講をご希望の方について

①WEB申込の場合
 お申込み後に届く受付完了メールに「オンライン受講希望」の旨を記載し、ご返信ください。

②申込書でのお申込みの場合
 「オンライン受講希望」の旨を記載し、送付(メール/FAX)してください。

研修受講料助成制度
東広島ものづくり技術高度化研修事業補助対象です。

呉市 中小企業人材育成研修費補助対象です。

後日オンライン受講の方法について、担当者よりご連絡させていただきます。"

日程

・2021年01月13日(水)~2021年01月15日(金)

場所 広島県東広島市鏡山3丁目13−26

広島テクノプラザ

(オンラインでも開催されます)
料金 参照ページを確認ください
34.3960186 132.7359376

参照サイト:株式会社広島テクノプラザ

※イベントの内容・日時・場所などは変更になる場合があります。
ご参加される際は参照ページをご確認ください。

※当ページの掲載情報に誤りを見つけられた場合には、大変お手数ではございますが、当ページのURLと修正内容をinfo@infomotion.co.jp宛にメールでご連絡ください。

ビジネスのイベント

学びのイベント

東広島市イベント情報 > 幾何公差設計法(GD&T) ー国際的に通用する設計図面とするためにー【オンライン受講可能】